関空から福岡への移動手段でジェットスターを利用する

大阪の窓口関西国際空港は海外からのゲストも多く見られます。また大阪周辺の人たちはここから海外へ行くといった人も多いことでしょう。関西国際空港は国内線への乗り継ぎも可能です。伊丹空港から国内を結んでいる路線も多いですが、関西国際空港から直接国内各地に就航しているものもあります。

格安航空券を利用して大阪から福岡へ

例えばジェットスターです。ジェットスターも国内のLCCとしてもお馴染みとなっています。ジェットスターのフライトを見てみると福岡行きがあります。また大阪からの格安航空券もたびたびジェットスターのチケットが登場します。

飛行機については格安航空券を検索してみるといいでしょう。たくさんのチケットが出てきます。ジェットスターは安いチケットが多いことから検索にヒットする確率率も高いです。

格安航空券を使えば、福岡観光も気軽に行くことが可能です。週末ちょっとふらりと福岡へ、なんてことも可能です。まだ福岡へ行ったことがない人はこの機会に旅行計画を立ててみるのも良いでしょう。福岡は屋台などもあり、食べ物についても充実しています。福岡で本場の水炊きを食べるのもいいですし、堪能したいグルメが盛りだくさんなことでしょう。福岡で何か特別な思い出ができるかもしれませんね。

福岡の名所を巡る旅

福岡ですが観光も欠かせない場所です。福岡に行ったらぜひ立ち寄ってほしいのが旧大阪商船です。ガイドブックでもおなじみの観光スポットです。
旧大阪商船は木造2階建てとなっています。この建物は「八角形の塔屋」となっており、形が美しいことでも知られています。デザインも特徴的です。オレンジのタイルと白がうまく調和しており、まるで帯みたいです。この色の組み合わせでこんなことができるのだなと感心する人もいることでしょう。

ここはもともと大坂商船の門司支店でした。合併してからは商船三井ビルと呼ばれています。(三井船舶と合併したため)当時は海外からの船も非常に多く、インドやヨーロッパ、中国など多数の国から船が訪れていたそうです。その数は何と60を越えるのだとか。大変にぎわっていた様子が伝わってきます。1Fは当時は待合室として使われていました。2Fはオフィスです。現在1Fには喫茶店があります。「マチェール」というお店です。ここでお茶をするのも良いでしょう。

また門司港デザインハウスのアンテナショップもあります。ちょっとした観光気分に浸ることができます。ここは国の登録有形文化財「近代化産業遺産」に登録されています。1度は見たいスポットです。

那覇空港から福岡への移動

沖縄が気に入ってそのまま住み着いたといった人もいることでしょう。沖縄は気候も良く、住みやすいイメージを持っている人も多いようです。実際に移住して気に入って暮らしているといった人も多く見られます。芸能人でもパパイヤ鈴木さんなど移住を実現した人もいます。そんな沖縄ですが、各地からフライトが多くあるので沖縄在住の方も気軽に旅行を楽しめます。

例えば近場であれば福岡へ行ってみるのもよいでしょう。福岡へはジェットスターが就航しています。ジェットスターはローコストで運営している会社です。ジェットスターを利用すれば格安航空券で福岡入りが可能となります。

格安航空券販売サイトで予約

格安航空券をどうやって見つけ出すか?というと、インターネットで日付を入力して探すのが1番早いです。最近はLCCも含めて検索することが可能です。ジェットスターは格安航空券の常連メンバーであり、最安値で販売している航空券予約サイトが複数存在しています。

まずはジェットスターのサイトを見てみようとした人はセールについてもチェックしてみてください。期間限定でセールチケットが出ている場合もあります。旅行したい日が合致していたら、それこそラッキーです。思わぬ破格で福岡へ行けるかもしれません。

福岡の絶品グルメを味わう

福岡に行ったらぜひ行ってほしいレストランがあります。それは展望レストラン「陽のあたる場所」です。名前の通りロケーションが最高のレストランです。ここでは門司港を見渡すことが可能です。自慢のロケーションに思わずうっとりすることでしょう。カップルで行くのもおすすめです。

またぜひ食べてほしいメニューは「焼きカレー」です。ここのカレーは10年以上煮込んだソースで作られています。焼きドリアカレーとして有名な店舗でもあるのです。門司港で開催される第2回焼きカレーフェアでグランプリを獲得しています。営業時間は11時から23時となっています。

休みは不定休なので、電話で確認してみることをおすすめします。普段忙しいといった人もたまには時間を作ってゆっくりこうしたお店に立ち寄ってみるのもおすすめです。

男性は「カレー好き」の人も多いかと思います。福岡はカレー好きの人にもピッタリな街です。門司港レトロ会では「焼きカレーマップ」というものを出しています。このマップには30店舗ほどの焼きカレー専門店が紹介されています。カレーのにおいは食欲をそそります。チーズのトッピングもまたいいですね。カレー好きの人は挑戦してください。

名古屋からグルメの街福岡へ

名古屋在住で福岡旅行を計画されている人もいることでしょう。福岡は多数の観光スポットもあり、にぎわっている都市です。また最近は会社地としても注目されています。IT関連の企業が本社を東京から福岡にうつしたり、移住者についても増えている都市です。

物価は安いながらもそこそこ整っていることも魅力の1つかと思います。福岡へまだ行ったことがない人はこの機会に福岡旅行を考えてみるといいでしょう。
名古屋から福岡への移動はジェットスターの利用がおすすめです。陸路からでも行くことは可能ですが、時間もかかりますし、大阪周辺は渋滞もひどいので飛行機での移動が楽かと思います。

名古屋から福岡への航空券を利用して福岡旅行を満喫

福岡ですが門司港は欠かせないスポットです。時間があるのであればぜひ立ち寄ってみてください。
ここは「バナナの叩き売り」の場でもあるのです。テレビでも見かけたことがあるかと思います。台湾から輸送されたバナナを急ぎ売りさばくためにスタートしたのが始まりだといわれています。今の時代のように冷蔵施設が整っているわけではないので運ばれてくる途中で熟れすぎてしまうものもありました。
今では物流も良くなりバナナは安価な果物ですが、昔はバナナは貴重な食べ物でした。そして歴史の流れから自然とバナナの叩き売りはなくなっていったのです。

しかし現在も叩き売りを見ることができます。大道芸としてイベントが実施されており、大変にぎわっています。この期間に福岡入りするのであれば、ぜひ見学してみてください。バナナの叩き売りについてはユーチューブにも紹介されています。独特の話し方やバナナのたたき方など見ていると面白いかと思います。
太宰府についても立ち寄ってみるといいでしょう。太宰府は歴史と文化を感じることができる場所です。ここは年間650万人を超える人が訪れるスポットであり、太宰府天満宮なども体感できます。また2005年に閉館となった九州国立博物館についても体感できます。いつもにぎわっていて活気があふれる場所です。ここで元気をもらいたいところです。

大宰府は郊外のイメージが強い人も多いかもしれませんが、アクセスはけっこう良く移動もしやすいです。福岡天神からですと、西鉄電車で30分ほどとなります。街の規模もけっこう大きく、見所も多いので試しに行ってみてはどうでしょうか。福岡行きの格安航空券ですが3ヶ月前など先の予定であればさらに安いチケットが手に入ることもあります。