関空から福岡への移動手段でジェットスターを利用する

大阪の窓口関西国際空港は海外からのゲストも多く見られます。また大阪周辺の人たちはここから海外へ行くといった人も多いことでしょう。関西国際空港は国内線への乗り継ぎも可能です。伊丹空港から国内を結んでいる路線も多いですが、関西国際空港から直接国内各地に就航しているものもあります。

格安航空券を利用して大阪から福岡へ

例えばジェットスターです。ジェットスターも国内のLCCとしてもお馴染みとなっています。ジェットスターのフライトを見てみると福岡行きがあります。また大阪からの格安航空券もたびたびジェットスターのチケットが登場します。

飛行機については格安航空券を検索してみるといいでしょう。たくさんのチケットが出てきます。ジェットスターは安いチケットが多いことから検索にヒットする確率率も高いです。

格安航空券を使えば、福岡観光も気軽に行くことが可能です。週末ちょっとふらりと福岡へ、なんてことも可能です。まだ福岡へ行ったことがない人はこの機会に旅行計画を立ててみるのも良いでしょう。福岡は屋台などもあり、食べ物についても充実しています。福岡で本場の水炊きを食べるのもいいですし、堪能したいグルメが盛りだくさんなことでしょう。福岡で何か特別な思い出ができるかもしれませんね。

福岡の名所を巡る旅

福岡ですが観光も欠かせない場所です。福岡に行ったらぜひ立ち寄ってほしいのが旧大阪商船です。ガイドブックでもおなじみの観光スポットです。
旧大阪商船は木造2階建てとなっています。この建物は「八角形の塔屋」となっており、形が美しいことでも知られています。デザインも特徴的です。オレンジのタイルと白がうまく調和しており、まるで帯みたいです。この色の組み合わせでこんなことができるのだなと感心する人もいることでしょう。

ここはもともと大坂商船の門司支店でした。合併してからは商船三井ビルと呼ばれています。(三井船舶と合併したため)当時は海外からの船も非常に多く、インドやヨーロッパ、中国など多数の国から船が訪れていたそうです。その数は何と60を越えるのだとか。大変にぎわっていた様子が伝わってきます。1Fは当時は待合室として使われていました。2Fはオフィスです。現在1Fには喫茶店があります。「マチェール」というお店です。ここでお茶をするのも良いでしょう。

また門司港デザインハウスのアンテナショップもあります。ちょっとした観光気分に浸ることができます。ここは国の登録有形文化財「近代化産業遺産」に登録されています。1度は見たいスポットです。